失敗するアパート建築

アパート建築には多額の費用が必要となります。しかし、幾ら資金が豊富でもアパート建築をする場所が悪ければ、投資した資金は回収できなくなるばかりでなく、負債を背負ってしまうことになるのです。

安価な地価の場所を選択されると、郊外の比較的広い土地を確保でき、部屋数を増やすことは可能ですが、肝心なことは借りてくれる人がいるか否かが問題視されます。借り手がいなければ収益は見込めません。また、全戸借り手で埋まるくらいでなければ事業としては失敗です。ですから、アパート建築を考える際は、近隣のライバル物件入居率と家賃を参考にすることです。ライバル物件が近くにない場合は、その問題を考えてください。通勤や買い物に不便であるとか、お子様がおられる場合は、学校までの距離も大切となります。幾ら立派なアパートを建て充実した設備を設けても借り手を望めない場所は避けてください。

ライバルとなるアパートが近隣に存在する場合は、家賃の価格競争も問題になりますが、これから建てるアパートとして、設備の充実や防犯対策に魅力が感じられ、優越感が持てるような物件にすれば、自ずと借り手は見つかります。このような場合むしろ近隣にライバルアパートがある方が有利です。